ホテル 宿泊記

東京マリオットホテル宿泊記。エグゼクティブプレミアデラックスツイン74㎡の部屋にアップグレードされてしまった。。。

スポンサーリンク

 

Marriott Bonvoyプラチナエリート。
この上級会員資格、最大の特典は
部屋の無料アップグレード。

部屋の空き状況によってはスイートを含む
よりいい部屋へとアップグレードされる
この仕組みの凄さを今回
東京マリオットホテルに宿泊し
改めて思い知りました。

最上階に位置する
エグゼクティブラウンジも一緒に
ご紹介したいと思います。

【東京マリオットホテル】クラブラウンジのご紹介!26階からの絶景と料理が素晴らしい滞在

先日、品川にある東京マリオットホテル に宿泊しました。今回はその 東京マリオットホテルの最上階にある クラブラウンジの様子を ご紹介したいと思います。 Contents1 東京マリオットホテルエグゼク ...

続きを見る

東京マリオットホテルへのアクセス

最寄駅は
新幹線・JR線・京急線・品川駅(高輪口)

東京マリオットホテルはそこから
徒歩10分または無料シャトルバス
5分の位置にあります。

品川駅は新幹線からのアクセスはもちろん
羽田空港からも京急線で20分ほどなので
駅の立地はかなりいいのですが
そこからが少し大変です。

徒歩10分とあるものの駅からの道は
わかりにくく大きな荷物を持ってたり
すると結構大変です。

ホテルまでの無料バスは出ているものの
マリオットの隣には
御殿山トラストタワーがあり

そこのオフィスへ向かう人が
多く乗っているため車内は
混雑していることがほとんどです。

一番楽な方法は、高輪口前から
タクシーを利用すること。
1000円以内でホテルまでつくと思います。

シャトルバスの時刻表など
詳しくはマリオットの
公式ホームページをご覧ください。

チェックイン、アップグレード

私はMarriott Bonvoyのプラチナエリート
なので予約した部屋に関係なく
エグゼクティブラウンジを利用する
ことができます。

今回もホテルに入るとすぐにスタッフの方
が声をかけてくださり
名前を言うと、
1階のフロントには行かず
26Fのラウンジへ案内されました。

ホテルによっては混雑していてチェックイン
に時間がかかることがあるので
ラウンジでのチェックインは非常に
便利です。ソファなどに座って手続きが
できる他、場所によっては
ウェルカムドリンクをくれるところも。

エレベーターでの移動中も
「よくマリオットは利用されるんですか?」
などと話しかけていただきました。

こうした些細な気遣いもできるマリオットの
サービスは非常に素晴らしく、何回訪れても
感動させられます。

プラチナエリートは特典で
お部屋の無料アップグレードがあります

今回は正直あまり期待は
していませんでした。

デラックスルームを予約していたのですが
この時点で部屋の広さは38㎡で
十分広い部屋だったので、
コートヤードマリオット東京ステーション
のように狭い部屋の心配は
なかったのですが、

いい意味で期待を裏切られました。。。

東京マリオットホテルの客室一覧

スタンダードフロア2~12,14~20F Standard floor

  • スーペリアキング
  • スーペリアコーナーキング
  • デラックスキング/ツイン ←予約した部屋
  • ファミリールーム

エグゼグティブフロア21~25F Executive floor

  • エグゼグティブ スーペリアキング
  • エグゼグティブ
    スーペリアコーナーキング
  • エグゼグティブ
    デラックスキング/ツイン
  • エグゼグティブ
    プレミアキング/ツイン
  • エグゼグティブ
    プレミアデラックスキング/ツイン
    ↑アップグレードされた部屋
  • スイートルーム

アサインされた部屋はまさかの2501。
正直、東京マリオットホテルの
部屋タイプは理解しておらず
『エグゼグティブプレミアデラックスツイン
にアップグレードしました』と聞いた時は
クラブフロアの部屋かな?

くらいにしか思っていなかったのですが
部屋の番号を見ていよいよ自分が
置かれてる状況に気がつき始めました。

『え、最上階??』

後に今回アップグレードしていただいた部屋
エグゼクティブプレミア
デラックスツインルームは
ジュニアスイート70㎡を超える広さ
74㎡というとんでも無いことが
わかりましたが、
この時の kumai はまだ

『まぁ、デラックスキング
より少し広いくらいでしょ‥‥‥。』

くらいに思っていました。


東京マリオットホテル エグゼクティブプレミアデラックスツインルーム


ベッドは120cm×200cm 2台,
部屋の広さは74㎡と正直デラックスキング
と比べ物にならないくらい広いです。

きらびやかなゴージャスさではなく
シックで洗練されたデザイン。

ケーキで例えると
チョコレートケーキにベリーを添えたような
ほろ苦い中に甘酸っぱさのあるイメージ。

バレンタインデーやクリスマスに
泊まるのにオススメしたい部屋です。

バスルームの入り口は
ベッドの横にありました。

アメニティはTHANN。
他には裁縫セットなんかもありました。
ビジネスで利用するときなんかは
あると重宝することがありますよね。

バスタブはかなり広く
快適に利用することができました。
もちろんシャワーとセパレートタイプ。

シャワーブースにもTHANNのアメニティ。
トイレはシャワールームの隣と
入り口すぐ横に計2つあります。

こちらは入り口に近い方
中はとても広く洗面台付きです。

まとめ

ホテルスタッフの対応や部屋の洗練
されたデザイン快適さはさすが
マリオット。

いつ訪れても変わることのない
素晴らしいホテルです。

特にこの東京マリオットの優れているところ
は部屋の広さにあり普通の
デラックスルームに宿泊しても38㎡

今回アップグレードされた
エグゼクティブプレミアデラックスツイン
はなんと74㎡。普通のホテルなら

スイートルームの中でも広い方
じゃないかなと思います。

正直、この後に滞在した
ウェスティン都ホテル京都の
ジュニアスイートよりも、こちらの方が
上でした。この後記述します

エグゼクティブラウンジも他の
マリオット系ホテルラウンジと

比べても数ランク上でこのホテルが
カテゴリー6なのが
疑問に感じるくらいです。

また何回も来たいと思える最高のホテルでした。

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

s_kumai

1997年3月14日生まれB型 旅行は観光地より乗る飛行機から 決めるタイプ。好きなアーティスト 『SEKAINO OWARI』

-ホテル, 宿泊記
-

Copyright© ホテルブログ宿泊記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.