スポンサーリンク

ハイアット ホテル

ハイアットホテルブランド別ランク・カテゴリー 一覧

ハイアットホテルはアメリカに本拠地を置く
国際的なホテルグループですが、ブランドの
種類は実はいくつか種類があります。

  • ハイアットリージェンシー
  • グランドハイアット
  • パークハイアット
  • アンダーズ
  • ハイアットセントリック
  • ハイアットプレイス

などたくさんあります。ブランドごとに
コンセプトやランクが違ってきますので

今回はハイアットのブランド別にグレードや
特徴、実際に泊まった時の感想などを
詳しくご紹介したいと思います。

ハイアットホテル・ブランドごとのランク一覧

ハイアットホテルではブランドごとに
コンセプトやランクが違います。

ランク付けしてみると

  1. パークハイアット
  2. アンダーズ
  3. グランドハイアット
  4. ハイアットセントリック
  5. ハイアットリージェンシー
  6. ハイアットプレイス

という順番です。

ホテルブランドごとのランク、グレード
でいうならばパークハイアットや
アンダーズが最上位ブランド。

そして次にグランドハイアットがきて
ハイアットセントリックや
ハイアットリージェンシーが続くような形
になります。

ブランドごとのランクだけでなく
ハイアットが設定してるカテゴリーも参考
になると思うのでご紹介いたします。

以下は日本国内ハイアットホテルの
カテゴリーになります。

ちなみに最高グレードは7です。

ハイアットホテル・ブランドごとのカテゴリー、一覧

日本国内の参加ホテルとそのカテゴリー
について以下にまとめます。

(SLH)とあるものは、
Small Luxury Hotels of the World
ホテルです。

日本国内にある
Small Luxury Hotels of the World
ホテルの内6ホテルがWorld of Hyatt
にも参加しています。

ホテル カテゴリー
パークハイアット ニセコ
パークハイアット 東京
パークハイアット 京都
アンダーズ 東京
グランドハイアット 東京
グランドハイアット 福岡
ハイアットセントリック 銀座東京
ハイアットセントリック 金沢
ハイアットリージェンシー 東京
ハイアットリージェンシー 横浜
ハイアットリージェンシー 箱根リゾート&スパ
ハイアットリージェンシー 京都
ハイアットリージェンシー 大阪
ハイアットリージェンシー 那覇沖縄
ハイアットリージェンシー 瀬良垣アイランド沖縄
ハイアットプレイス 東京ベイ
ハイアットハウス 金沢
KASARA NISEKO VILLAGE [SLH]
東京ステーションホテル [SLH]
ホテル雅叙園東京 [SLH]
ABBA RESORTS IZU 坐漁荘 [SLH]
ENSO ANGO FUYA II [SLH]
登大路ホテル奈良 [SLH]

というようになります。

やはりパークハイアットやアンダースが
最上位。その次にグランドハイアットや
ハイアットリージェンシーが続くといった
感じでしょうか。

以下はブランド別に訪れた際の個人的な
感想になります。


各ホテルの特徴と感想について

パークハイアット

都会の隠れ家として有名な最上級ブランド
パークハイアット。

きめ細かなサービスも特徴的で極めてレベルの
高いサービスを受けることができます。

実際、パークハイアット東京を訪れた際も
スタッフのホスピタリティに感動したのを
よく覚えています。

アメニティも非常に豊富で、細かいところで
言えばシャンプーやリンスの質が他のブランド
とは大違いでした。

それに加え、スパ&フィットネス施設
『クラブオンザパーク』も非常に秀逸。

中央棟の最上階 47階に位置し天井高のある
アトリウムが開放的なプールは16歳以上
の宿泊者は無料で利用可能。

また45階にあるスパエリアではジャグジー
やサウナ、リラクゼーションルームなどがあり
滞在をより優雅にしてくれます。

こちらの45階スパ施設は1人4400円で利用可能

【ワールドオブハイアット グローバリスト 及び
一休ダイヤモンド会員は無料です】

唯一、残念なのはパークハイアットには

クラブラウンジがなく、代替サービスはある
ものの、いつでも使えるラウンジとは少し
勝手が違うので、上級会員(グローバリスト)

でクラブラウンジ
のアクセス権がある方にとっては
少しだけ不便かもしれません。

 

アンダーズ

アンダーズブランドは日本国内では虎ノ門ヒルズ
にあるアンダーズ東京だけですが、何と言っても
刺激的なデザインが特徴的。

ホテル内至る所に
はっと息をのんでしまうような
アート作品や彫刻などがズラリ。

それでいながら決して疲れることのない
むしろ 飾らない自分のままでいることの
大切さを教えてくれるような
心地いい滞在が魅力的です。

アンダーズでは宿泊者は誰でも利用可能な
クラブラウンジがあります。

グローバリストやラウンジアクセス権のある
部屋に泊まったから使えるといった感じ
ではなく、誰でも利用できちゃうため
少し特別感には欠けてしまいますね。

ただ、全室クラブラウンジアクセス付きと
考えると他のハイアットブランドの
クラブルームと比べて安く泊まれる場合が
あるため非常にお得です。

グランドハイアット・ハイアットリージェンシー

グランドハイアットにはグランドクラブ
ハイアットリージェンシーには
リージェンシークラブとこの2つのブランドには
ラウンジがあります。

例外はあるものの
基本的にはラウンジを作らなければならない
という規定がどうやらあるようです。

2つのブランドで値段があまり変わることは
少なく、立地や部屋の広さで決まることが
ほとんどなので一概にグランドハイアット
の方がハイアットリージェンシーよりも上だ

とは考えづらいです。実際に
福岡のグランドハイアットに宿泊した時は
なんだかハイアットリージェンシー東京の方が
サービスが上だなと感じたりもしました。

あくまで個人的な意見ですが。。。

例えるとするならMarriott Bonvoyでいう
ウェスティンとシェラトンくらいの差で
解釈すればわかりやすいかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ラウンジ主体で考えるならグランドクラブ
が完備されているグランドハイアットや
リージェンシークラブが完備されている
ハイアットリージェンシーが使い勝手は
いいですね。

パークハイアットは全体的なレベルは
非常に高いものの、そのぶんお値段は
高くなってしまいます。

ですのでパークハイアットと同じサービス
や質を求めるなら『アンダーズ東京』
オススメ。お値段は
パークハイアット相応になってしまうものの
こちらは何と言ってもラウンジ付きです。

一休.comの最安値料金は1泊36000円〜と
他のハイアットのクラブルームより安いのに
こちらは最上位ブランドです。

それに加え、客室は虎ノ門ヒルズ47階以上に
位置するため立地も最高。

是非とも大切な記念日等に訪れてみては
いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

s_kumai

1997年3月14日生まれB型 旅行は観光地より乗る飛行機から 決めるタイプ。好きなアーティスト 『SEKAINO OWARI』

-ハイアット, ホテル

Copyright© ホテルブログ宿泊記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.