【記事にはアフィリエイト広告が含まれます。】

ホテル ラスベガス 宿泊記

The Venetian Resort Las Vegas の102平米のプレミアムスイートルームを体験!

ラスベガス屈指のゴージャスさを誇る超大型カジノホテル「The Venetian Resort Las Vegas」のスイートルームであるプレミアムスイートを体験してきましたので、早速ご紹介します。

本記事の内容

  • パリスラスベガスカジノリゾートとは?
  • パリスラスベガスはいくらで泊まれる?
  • パリスラスベガスへのアクセス
  • エグゼクティブスイートのお部屋をご紹介

ベネチアンリゾートラスベガスとは?

「The Venetian Resort Las Vegas」はラスベガスストリップ沿いに建つイタリアをテーマにしたラスベガス屈指の超大型カジノホテル。

ホテル内はまるでイタリア「水の都」ベネチアに迷い込んだかのよう。複数のレストランやショッピングモール、バー、ナイトクラブがあります。

ベネチアンリゾートラスベガスはいくらで泊まれる?

ベネチアンリゾートラスベガスは全客室スイートルームで、1泊200ドル(45,000円~70,000円)程度で泊まることが可能。建物の構造上、ビューがいい部屋はあまりありませんが、もしそこにこだわりたければ、ホテルのフロントと交渉してみましょう。

ベネチアンリゾートラスベガスへのアクセス

ラスベガスの主要空港であるハリーリード空港からラスベガス市内までは、Uberなどで20分ほど。ヴェネチアンホテルは市内の中心に位置するため、パリスホテルのエッフェル塔、ベラージオの噴水や観覧車ハイローラーなど観光スポットへのアクセスも徒歩圏内です。

豪華すぎるホテル内

ホテルに入るとまず、ベネチアを彷彿とさせる運河が。さすがラスベガス、もちろんゴンドラに乗ることも可能で、観光客で賑わっていました。

ゴンドラの料金は以下の通り。

  • シェアで乗る場合 34ドル(日本円で5000円程度)
  • 貸切で乗る場合 136ドル (日本円で20,000円程度)

非常に魅力的ですが、日本円で5000円。。。チップも10ドル程度あげなくてはならないことを考慮にするとかなりの観光地価格。

ホテル内には、非常に雰囲気のいいレストランやバーがたくさんあります。ショッピングモールやフードコートなどもあり、宿泊していなくても歩いているだけで楽しいです。

エレベーターホールは非常に広く、さすが全スイートタイプのホテル。IHGの上位ブランド「インターコンチネンタル」が運営しているため、どこかインコンらしさがあります。

今回宿泊したのは23-107ルーム。白を貴重としたスイートルームらしい重厚なドアです。

プレミアムスイートのお部屋をご紹介

今回宿泊したのは、プレミアムスイートのお部屋。まず入るとクイーンベッドが2台あり、段差を降りるとリビングルームという仕切りなしのスイートタイプ。

リビングルームは仕切りこそないものの、4人家族でも余裕で利用できそうなくらいスペースがあります。

豪華なヨーロッパの別荘に招待されたかのような空間です。

洗面台が2つ、シャワーブースもありスイートらしいエレガントなバスルーム。

水回りは少し古いタイプですが、非常に高級感があります。

アメニティは、aromatherapy。英国のハイブランド。

ドレッサーがあるお部屋を予約するのは非常に難しく、ジェントルマンにとっては大きな課題とも言えます。

バスローブやスリッパもありました。場所によっては10ドルほど取られるので注意。(今回は無料)

トイレは1つしかありませんが、個室で広く機能的でした。

お菓子や水が置かれていますが、有料なので注意。

ここでかなり残念だったのが一つ。ミニバーや飲み物は手に取るだけでカウントされる仕組み。

kumai
買ってきたフルーツを冷やそうと冷蔵庫の中のものをどかしたものが全てカウントに入っており、後日100ドル近く請求がされていました。これに関しては私も悪いですが、冷蔵庫は実質使えないという仕組みはホテル業界の非常に悪く古いサービスなので、時代の流れから早く改善してほしい点でもあります。

実際に宿泊した感想

お部屋はラスベガスのスイートルームにふさわしい豪華な空間。エレベーターもVIP専用のを使用でき、セキュリティも万全である一方で、ミニバーの仕組みはいいとは言えないものの、高級ホテルらしい特別感は十分に感じられます。

最低5万円程度〜宿泊できるスイートルームですので、せっかくラスベガスにきたらスイートルームに泊まりたい!そう思う方にはオススメです!

-ホテル, ラスベガス, 宿泊記