【記事にはアフィリエイト広告が含まれます。】

広島 飛行機

ANAプレミアクラスに乗ってみた。ラウンジや機内食、などのサービスの内容をご紹介

ANA国内線の最上位クラスであるプレミアムクラス。今回は初めてこちらのプレミアムクラスを体験してたのですが、驚きのサービスがたくさんあり、もう普通席には乗れなくなってしまうほど堪能してきたので、サービスの内容や機内食、ラウンジの様子などを含めてご紹介いたします。

kumai
正直、国内線でここまでのサービスを受けられるとは思いませんでした。

本記事の内容

  • プレミアムクラスとは?
  • ANAプレミアムクラス 特典の内容
  • ANAプレミアムクラス ANAラウンジ
  • ANAプレミアムクラス シート
  • ANAプレミアムクラス 機内食及びサービス

プレミアムクラスとは?

プレミアムクラスとは、ANAの国際線で普通の席よりワンランク上の座席のことを指します。座席は前方にあり、座席数は8~21席ほど(機材による)。

kumai
新幹線でいうグリーン車のようなものです。

プレミアムクラスに搭乗することで受けられる特典は以下の通り。

プレミアムクラスの特典

  • 優先チェックイン、優先搭乗
  • ANAラウンジが利用可能に
  • 機内食及びアルコールを含む飲み物の提供
  • プレミアムクラス限定のシート
羽田〜那覇便の料金
普通席 10,000円〜
プレミアムクラス 25,000円〜

料金は路線や季節によって変動しますが、例えば羽田〜那覇便の場合、普通席が10,000円、プレミアムクラスが25,000円~。決して安くはないですが、受けられる特典を考えると価格によってはお得な場合がほとんど。

kumai
私は今回、羽田〜広島線を利用し、機材は787Mでした。

ANAプレミアムクラス ANAラウンジ

ANAプレミアムクラス利用者及びANA上級会員だけがANAラウンジ。今回は羽田空港のANAラウンジを利用することができました。

コンセントを使用できるカウンターの席は仕事に忙しいサラリーマンにはなくてはならない設備。

この日はあいにくの大雨でしたが、窓際ではANAを中心とした飛行機を見ることができます。

ラウンジ内はシックなデザインで落ち着いた空間。登場までのひと時に、静かな混雑のない場所で待つのは、とても快適です。

基本的にANAラウンジ内では、コーヒーや

ソフトドリンクなどの飲み物とスナックが少しだけあります。国際線ラウンジでは、ワインなどのアルコール類も豊富ですが、

ビールサーバーがあるだけでした。

kumai
飲み物をいただけて、一息つけるだけでありがたいです。

ANAプレミアムクラス78Mシートをご紹介

同じプレミアムクラスでも機材に差がある

今回搭乗させていただきたのは、B787-8(通称78M)と呼ばれるもの。プレミアムクラスの中でも、機材によってシートに差があります。今回はその中でも国際線機材と呼ばれたワンランク上のシートが装備される機材を経験してきました。

いわゆる国際線機材とはまた別

国際機材の上位シートといえば、フルフラットシートを思い浮かべる人は多いかと思います。ANAのプレミアムクラスは、国際線機材といえど、近距離国際線用機材なため、大陸線や欧州線のようなシートとは、少し差があります。

特に豪華な78Mのプレミアムクラス「ANA BUSINESS CRADLE」

プレミアムクラスの中でも最も豪華と言われるANA BUSINESS CRADLE。他のプレミアムクラスの座席間隔は127cmなのに対し、78Mシートは145cmと18cmもの差があり、他の機材と比べると明らかな違いがあります。

他にもプレミアムクラスのエリアが広いことや、座席の形状、窓側と通路側でずらされてることにより、数字以上の広さを感じれる点、フルフラットシートに近いところまで深いリクライニングが可能なことや、個人用シートモニターなど、78Mが他の機材と比べて優れていることがよくわかります。

ANAプレミアムクラス 機内食

ANAプレミアムクラスでは、朝食と昼朝食に分けて機内食が提供されます。今回は羽田〜広島線の往復で、昼と朝の計2回機内食をいただくことができました。

行きの羽田〜広島線では朝早くの搭乗だったため、サンドイッチにスープなどの軽食が提供されました。飲み物はワインなどのアルコールも提供され、国内線とは思えないほど豪華な内容。しかしながら提供されてから30分後には着陸態勢に入る路線だったため、あまりゆっくりはできませんでした。

kumai
那覇線などの長い路線だと、もう少し満喫できるかもしれませんね。

帰りの便はお昼の登場。国際線Cクラスに出てくるようなお味噌汁に、お弁当スタイルの機内食。

朝路線に比べてかなり豪華な内容でした。ただもう少しボリュームが欲しいところ。

まとめ

いかがだったでしょうか?羽田〜広島線の場合、エコノミークラスで1万円、プレミアクラスで25,000円相当。通常の席に加え15000円程度でこのようなサービスが受けられるのは、非常にお得だと改めて実感しました。しかしながら、今回のように、短い路線では、せっかく上質なシートなのに少しもったいないように思います。できれば、国際線のように3時間以上のフライトで利用したいですね。

新着記事

2024/4/19

インターコンチネンタルサンフランシスコ宿泊記。地下鉄でのアクセスやIHGプラチナ会員特典・アップグレード

アメリカの都市の中でも一際、ホテル代が高い街「サンフランシスコ」。星4クラスのホテルの平均価格は225ドルと円安の影響もあり、かなり厳しい値段設定になっています。 今回はそんなサンフランシスコの中でも非常にコスパが高いと話題のホテル「インターコンチネンタルサンフランシスコ」に宿泊してきましたので、 IHGプラチナ会員特典やお部屋のアップグレードなどについてご紹介します。 kumai 最悪なヒルトンとは対照的に非常にクオリティの高いホテルでした。 本記事の内容 インターコンチネンタルサンフランシスコとは? ...

ReadMore

2024/4/18

ヒルトンサンフランシスコユニオンスクエア宿泊記!ダイヤ特典やアップグレード、アクセスや治安についても

サンフランシスコの市内、最高の立地にあり各観光地へのアクセスも抜群、ナパバレーへのツアーの集合場所としても指定されることの多い、ヒルトンサンフランシスコユニオンスクエア。 今回はヒルトンダイヤモンド会員として宿泊してきましたので、お部屋のアップグレードや特典の内容、アクセスや治安についても紹介します。 本記事の内容 ヒルトンサンフランシスコとは? ヒルトンサンフランシスコへのアクセス ヒルトンダイヤモンド特典 ダイヤモンド会員アップグレード スカイラインビュー2ダブルベッドのお部屋 朝食で食べたものを紹介 ...

ReadMore

2024/4/18

「米国のヒルトンはビジネスホテル以下」は本当?サンフランシスコのヒルトンに実際に宿泊してみた

突然ですが、 「アメリカのヒルトンはビジネスホテル以下だ。」 こんなことを聞いたことはないでしょうか? 日本のヒルトンホテルといえば、煌びやかな大都市の真ん中にそびえ立ち、おしゃれなアフタヌーンティーを季節ごとに開催している高級ホテルという印象なのは間違いないですが、 アメリカ人の感覚で言えば、ヒルトンはビジネスホテル、コンラッドやウォルドーフアストリアなどの上位ブランドでやっと高級ホテルという印象だそう。 ええ?と驚く解釈ですよね、私も最初はアメリカ人はどんだけ金持ちなんだと思っていましたが、サンフラン ...

ReadMore

2024/4/18

Trip.comの評判が良くないってホント?座席指定やオンラインチェックインはできる?実際に予約してみた

旅行の計画を組む上で非常に重要なこと、それは格安航空券チケットを探すことですよね。今回は最近、非常に広告をよく見かけるTrip.comを利用してアメリカの国内線LCCを利用してみましたので、 実際に使ってみた感想、座席指定やオンラインチェックインはできるのか?など皆様が疑問に思うことをご紹介します。 本記事の内容 Trip.comはどこの会社?安全なの? Trip.comの悪い口コミ Trip.comの良い口コミ 【体験談】カスタマーサービスの対応 座席指定やオンラインチェックインは出来る? 航空券のフラ ...

ReadMore

2024/4/18

伊香保温泉へのアクセスは特急と高速バスどちらがいい?格安チケットの取り方も解説!

群馬県渋川市伊香保町に位置し、草津温泉と並んで県を代表する名湯「伊香保温泉」。都内からのアクセスも抜群で毎年多くの観光客で賑わう人気観光温泉地です。 東京駅から伊香保温泉へは特急草津で渋川へ行き、そこからバスを利用するか、東京駅や新宿駅から直接高速バスを利用するアクセス方法もあります。 どちらも一長一短でメリット、デメリットが各々あるため、この記事では2つを比較し、より格安で行けるチケットの取り方をご紹介いたします。 この記事でわかること 東京から伊香保温泉へのアクセスについて 上野〜草津温泉の特急料金 ...

ReadMore

 

-広島, 飛行機