スポンサーリンク

マリオット 宿泊記

セントレジス大阪 宿泊記。最上階グランドデラックスキング。プラチナ特典や朝食、バトラーサービスもご紹介

マリオットが誇る高級ホテルの一つである
セントレジスホテル。

日本には大阪、御堂筋の大通りに位置する
セントレジス大阪が唯一あります。

今回はこの100年以上の歴史を受け継ぐ
セントレジスホテルに滞在する
機会がありましたので、プラチナ特典朝食
なども一緒にご紹介いたします。

セントレジスホテルとは

セントレジス大阪はマリオット
インターナショナルのカテゴリー7に
位置する超高級ホテルで、セントレジス
ブランドとしては日本で初めて大阪の本町
に2010年に開業しました。

ホテルに少し足を踏み入れてみるとそこは
まるで美術館のよう。

それに加え創造的な味覚を提供するダイニング
や高級感漂うセントレジスバーなども
このホテルの自慢です。

そして何といってもバトラーサービス。

セントレジスホテルでは、あらゆる要望や要件
に答えてくれるバトラーサービスと呼ばれるもの
があります。

バトラーとはひとりひとりのニーズに合わせて
執事のように、滞在の手伝いをしてくれる
スタッフのこと。

全ての客室で利用できるサービスで

具体的なサービスの内容は後ほど
ご紹介いたします。



セントレジス大阪へのアクセス

セントレジス大阪へのアクセスは
地下鉄御堂筋線「本町」駅/ 7番出口
から徒歩2分程度です。

本町駅は新大阪や梅田からのアクセスが
便利で非常に好立地。

また駅からもかなり近いので
重い荷物がある場合でも大丈夫。

ちょっと入りづらいですが、この門を
開ければ、あとはベル係の方が
12階のレセプションまで案内してくれます。

チェックイン、アップグレード

ドアを開けると有名なオブジェがお出迎え。

ベル係に名前をいうと12階のレセプションへ
案内され、そこでチェックインとなります。

今回のお部屋はプラチナ特典により
最上階のスカイライングランドデラックス
キングのお部屋へアップグレードして
いただきました。

残念ながらスイートにアップグレードは
されませんでしたがこの部屋でも51㎡
ありますのでかなり広いです。

ちなみにセントレジス大阪の中では
一番狭い部屋のデラックスツインで
43㎡あり部屋の大きさには困りません。



セントレジス大阪のプラチナ特典

私はMarriott Bonvoyのプラチナエリート
なので以下の特典を受けることができます。

プラチナ特典

  • ウェルカムギフト1000ポイント
  • 朝食無料
  • ミニバー1泊3000円分利用可能
  • レイトチェックアウト16時まで
  • ルームアップグレード(スイートを含む)

やはり注目なのはルームアップグレード
ですよね。プラチナエリートだと部屋の
空き状況によってはスイートまでのUPが
あります。

今回は残念ながらスイートまで
とはいきませんでいたが過去には実際に
スイートにアップグレードされたことが
ありました。

スカイラインデラックスキングのお部屋をご紹介

今回は最上階、26階の部屋に
していただきました。

廊下はやはり高級感がかなりあります。

今回アサインされたお部屋は
こちらの2618。それでは
お部屋の中をご紹介いたします。

セントレジス大阪からは北側では梅田の街並み
西側からは大阪湾の様子が見られるそうです。

今回はどうやら
シティービュー(北側)?でした。

ベッドの横になにやらこんなものが。

中を開けてみると

なるほどミニバーが。

今回はプラチナ特典でミニバーが
6000円(2泊分)使えるので早速
何か飲んでみようと思い

ワインを見つけたので早速いただきながら
値段を確認していると

ハーフボトルで9000円。。。。

さすがセントレジス、レベルが段違いでした。

けど普通に美味しかったですよ。

続いてバスルームを紹介いたします。

洗面台がかなり広いのがいいですね。

バスタブは広く、深さもしっかりあり
テレビが備え付けられているので
バスタイムをゆっくり過ごしたい方
には非常にいいですよね。

アメニティはアメリカのブランド
「REMEDE」1泊では多い量なので
持って帰って使うのもありかもしれません。

セントレジス大阪バトラーの使い方について

セントレジスホテルの代名詞となるのが
このバトラーサービス。

セントレジスホテル大阪でも全ての客室で
バトラーサービスを利用することができます。



バトラーサービスの使い方は?

バトラーサービスの使い方としましては
とにかく困ったことがあればなんでもバトラーに
相談するのがオススメ。

大阪の観光で迷ったら見所を紹介してもらったり
観劇の手配や鉄道、航空券の手配だってお願い
すればやってくれます。

他にはミネラルウォーターや追加のアメニティを
持ってきてもらったり、スーツのアイロンがけ
靴磨き、湯船にお湯を入れるのだって
やってくれますよ。

バトラーとコンシェルジュの違い

バトラーサービスとコンシェルジェサービスの違いは
コンシェルジュは客が専用のデスクに出向いて依頼を
するのに対して、バトラーは部屋まで来てくれて
お手伝い等をしてくれます。

バトラーはお金がかかる?チップは必要か

基本バトラーサービスはセントレジスホテルに
宿泊した際に使えるものですので、サービスを
使ったからといってお金を請求されることは
特別なことを頼む以外ないですし

日本ではチップも不要ですが
個人の意見ながら日本でも高級ホテルで
何かをお願いした場合にチップを渡すと
とてもスマートな印象があります。

チップはあくまで感謝の気持ちなので
金額は関係ありません。

お互い人と人ですので感謝されたら
誰だって嬉しいし、そしたら提供した側も
嬉しいですよね。

チップというのはお互い幸せになれる
魔法の手段かもしれません。

ただここは日本だし恥ずかしいという方は
感謝の気持ちを伝えるだけで十分です。

セントレジス大阪の朝食

朝食は12Fにあるラベデュータにて
和定食かアメリカンブレックファースト
の提供になります。

和定食かアメリカンブレックファーストか
を選ぶのに加えてドリンクとサプリメント
といって追加で一品頼むことができます。

サプリメントは一品は無料で二品目からは
追加で1000円かかるそうです。

私はスモークサーモンとベジタブルジュース
をオーダー。ベジタブルジュースは少し苦い
のかと思いきやスッキリしていて飲みやすい。

そんなこんなで初めにアメリカン
ブレックファーストが到着。

パンは度々、焼きたてのを持って来て
いただけます。

続いて私が注文した和定食が。

写真だと伝わりづらいですがこの
和定食のプレート、かなり大きいです笑

厨房の様子。

Go To キャンペーンの影響かお客さんが
非常に多く、スタッフの皆さん大変そう
でした。

ちなみにこちらの朝食、プラチナ特典では
無料ですがお値段なんと4400円。

なかなかレベルが高い朝食ですがお値段も
結構なお値段で。。。笑

 

まとめ

さすがはSPGの最高峰セントレジス。

サービスが他のマリオット系列に比べて
格段にいいのはいうまでもなく
ラグジュアリーさもあり、さすがカテゴリー
7のホテルだと改めて実感しました。

前述しました通り本町駅は新大阪や梅田から
のアクセスも非常によく、今後は近くに
Wホテルもできることから

この辺はホテラーにとっては最強の立地に
なるのではないでしょうか?

コートヤードマリオット大阪本町も
ありますしね。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

s_kumai

1997年3月14日生まれB型 旅行は観光地より乗る飛行機から 決めるタイプ。好きなアーティスト 『SEKAINO OWARI』

-マリオット, 宿泊記
-, , ,

Copyright© ホテルブログ宿泊記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.