ハイアット 宿泊記

ハイアットリージェンシー那覇沖縄クラブデラックスツイン宿泊記。クラブフロアのレベルが高いホテル

非日常を思わせる沖縄の新たな都会リゾート
ハイアットリージェンシー那覇 沖縄。

国際通りの喧騒から少し離れ、閑静で
ありながらも利便性に優れた立地にある
こちらのハイアット系 高級ホテル。

今回はクラブデラックスツインのお部屋に
宿泊させていただきましたので
クラブラウンジや朝食、エクスプローリスト
特典も含めてご紹介いたします。

ハイアットリージェンシー那覇 沖縄へのアクセス

ハイアットリージェンシー那覇 沖縄までの
アクセスは以下の通り

車でのアクセス

那覇空港から国道332号線・331号線経由
旭町〜ハーバービュー通りへ
開南交差点直進後1つ目の信号を左折(20分

公共交通機関でのアクセス

ゆいレール「那覇空港駅」乗車→「牧志駅」
下車(約16分)

牧志駅より徒歩7分

 

私はゆいレールを利用してホテルまで
向かいました。

牧志駅からは国際通りをまっすぐ行くと
左側に見えてきます。

チェックイン、エクスプローリスト特典

お部屋のアップグレード

今回予約していたのはクラブツイン
でしたがワールドオブハイアットの
エクスプローリスト特典により
クラブデラックスツインへと
アップグレードしていただきました。

ラウンジでのチェックイン

今回はクラブフロアを予約したため
クラブラウンジでチェックインします。

手続きの際、
冷たい紅茶を出していただきました。

チェクインを終えた後は少しの間
ラウンジに残ることに。

クラブラウンジは最上階にあるため那覇の
街並みが一望できます。

また料理も非常にレベルが高くお酒の
つまみにはもちろん

夕食代わりに十分なり得るボリューム
とクオリティでした。

ラウンジで一息ついた後、お部屋に
向かいます。今回アサインされたのは
15階のクラブデラックスツイン。




クラブデラックスツインのお部屋

お部屋の広さは32㎡。
ベッドは122×203の大きさが
2台、ハリウッドツイン。

ベッドのブランドはアメリカの
sealy製。

テレビはそれほど大きくはないですが
薄型のハイビジョンテレビ。

洗面所は広く清潔感があります。

そして何といってもこの
ハイアットリージェンシー那覇
最大の魅力がこちら。

イタリアの高級ブランド ACCA KAPPA
のアメニティです。

こちらのアメニティはクラブルーム
及びスイートルーム限定。

使ってみた感想としては
それほど匂いは強くなく、ほのかに甘い
大人な香りでした。

公式サイトだと100mlで1500円ほど
する高級品ですので是非とも訪れた際は
試してみてください。

他にもアメニティは豊富でした。

バスルームはバスタブとトイレが
独立式。

ワンランク下であるクラブツインのお部屋
だとユニットバスになるので
お風呂でゆっくりしたいという方は
クラブデラックスツインをオススメします。

コーヒーマシーンもあります。

クラブラウンジ(REGENCY CLUB LOUNGE)

クラブフロアに宿泊する1番のメリットは
何と言ってもラウンジが利用できるところ。

前述しました通り

ハイアットリージェンシー那覇 沖縄の
ラウンジ(リージェンシークラブ)の
カクテルタイムは量、質ともに
非常に高レベル。

夕食がわりに十分なる内容でしたので
是非こちらの記事もご覧下さい。

【ハイアットリージェンシー那覇沖縄】クラブラウンジのご紹介。

先日、ハイアットリージェンシー那覇沖縄へ 宿泊して来ましたので今回は 最上階にあるクラブラウンジ 『 ...

続きを見る

朝食

朝食会場はこちらのsakurazaka

新型コロナウイルスの影響でラウンジでの
朝食はできなくなっています。

感染症対策によりマスク、料理を取る際の
ビニール手袋の着用が必須となり
席間の距離もしっかり保たれての
ビュッフェになります。

ハムやスモークサーモンなど。

少しぼやけていますがサラダはカップに
入って提供されていました。

 

ゴーヤチャンプルやサーターアンダーギー
など沖縄の地元料理もいくつかあります。

全体的に料理の種類は少なめです。
公式ホームページでは種類豊富にある

サラダビュッフェやシェフのカッティング
サービスなどが書かれていますが

おそらく新型コロナウイルスの影響で
これらのほとんどが中止されています。

ちなみに朝食の料金は2000円とお手頃
なので朝食付きプランでなく後からつける
のもオススメです。

久しぶりのビュッフェだったので
取り過ぎてしまいました笑

パンやスムージー、サンドウィッチなど。

このカレーパンがとても美味しく何回も
おかわりしてしまいました。

ソーキそばも自分でトッピングができるので
美味しかったです。

まとめ

都市部にの中では高級感
サービスなどでトップクラスのホテル。

シックで大理石造りのフロント、随所に
配置されてる工芸品、スタッフの対応

全てにおいて、一流を感じられます。

また今回はクラブフロアに
宿泊させていただきましたが

ACCA KAPPAのアメニティや夕食代わり
のカクテルタイムが非常に満足。

東京のリージェンシーからの那覇 沖縄
でしたがどちらのホテルも素晴らしい

また来たいと思わせてくれる最高の
hotel lifeでした。

新着記事

ハイアット 宿泊記

2022/5/7

パークハイアット東京パークスイート宿泊記。グローバリスト特典やジランドールでのディナー&朝食

東京都庁至近の高層ビル、新宿パークタワー39階から52階に位置 するホテル、パークハイアット東京は、国内外問わず 多くの人たちに愛され続ける日本を代表するラグジュアリーホテル。 今回はこちらのホテルの高層階5001号室パークスイートツインの お部屋に宿泊してきましたので、お部屋の様子やグローバリスト特典 ジランドールでの食事の様子を含めてご紹介いたします。 s_kumai私自身も日本国内でトップクラスに好きなホテルです。 本記事の内容 パークハイアット東京について グローバリスト特典の内容 パークハイアッ ...

ReadMore

ヒルトン プロモーション

2022/5/13

ヒルトンステータスマッチ2022申請方法や注意点まとめ。12泊でダイヤモンド会員になれる

ヒルトンの会員プログラム『ヒルトンオナーズ』 ではお部屋のアップグレードや朝食無料などの 様々な特典を受けることができる ゴールド会員へのステータスマッチを受け付けています。 s_kumaiゴールド会員で朝食無料は嬉しいですよね さらにその後の宿泊で スイートルームへのアップグレードや エグゼクティブラウンジを利用することのできる ダイヤモンド会員になることも可能。 本記事ではヒルトンオナーズのステータスマッチ 申請方法についてご紹介いたします。 スポンサーリンク 本記事の内容 ヒルトンオナーズステータス ...

ReadMore

ヒルトン プロモーション

2022/4/23

【2022年】ヒルトンキャンペーンをご紹介。×3倍ポイントや滞在で2500ボーナスなど

世界118カ国、584軒以上ものホテルを展開するヒルトンホテルズ &リゾーツ。2022年1月現在、日本国内には17軒のホテルがあり 素晴らしいサービスを提供しています。 今回は2022年、ヒルトンが開催中のキャンペーンをご紹介いたします ので是非、お好みのプランをチョイスください。 スポンサーリンク Contents1 宿泊ごとに最大3倍のボーナスポイント2 1滞在ごとに2500ボーナスポイントを無制限で獲得3 レストラン25%オフ+500ポイント4 2022年ヒルトンキャンペーン&プロモ ...

ReadMore

ヒルトン 上級会員

2022/4/16

【2022年】ヒルトンダイヤモンド会員になるには?ステータス・特典の内容・条件などを解説。

ヒルトン・ホテルズ&リゾーツは世界118カ国、584軒以上 ものホテルを展開する世界有数のホテルチェーンです。 2022年1月現在、日本国内には17軒ものホテルがあり それぞれで素晴らしいサービスを提供。 憧れのスイートルームやエグゼクティブラウンジで ラグジュアリーな滞在がしたい。 そんな方にオススメなのはヒルトンの上級会員 制度であるダイヤモンド会員です。 ヒルトンダイヤモンド会員はお部屋の空き状況によって スイートルームへアップグレードされたり、エクゼクティブ ラウンジが利用できるなど、特別 ...

ReadMore

IHG 上級会員

2022/4/13

【2022年最新】IHGリワーズクラブがリニューアル。ダイヤモンドエリートの特典とは?

IHGリワーズクラブといえばご存知の方も多い かと思いますがIHGホテルズアンドリゾーツの ポイントプログラムです。 2022年4月になりこのプラグラムがリニューアル され新たにダイヤモンドエリート という最上位の会員レベルが導入されました。 既存のスパイア会員は2022年の1年間、この ダイヤモンドエリートとして宿泊することが可能に! s_kumai新しい特典の内容が凄いと話題になっていますよね。 今回はこちらのダイヤモンド会員の特典、獲得する ために必要な条件、お得になる方法などをご紹介いたします。 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

s_kumai

1997年3月14日生まれB型 旅行は観光地より乗る飛行機から 決めるタイプ。好きなアーティスト 『SEKAINO OWARI』

-ハイアット, 宿泊記
-,

Copyright© ホテルブログ宿泊記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.